こちらが大きな影響を受けた、ガンダムは永遠に語り継がれるだろう

こちらが思春期に大きな影響を受けたのは、ちょうどその頃流行っていた、ガンダム00だ。
当時、学年全体による暴行に遭っていた当社信者群衆は、自分のお気に入りと友情だけを頼りに生きていました。ぽろぽろと櫛の歯が抜けるように隊員は減っていて、ボロボロになっていました。そういった折り、こちらはガンダム00に出逢ったのです。
ガンダム00は、こちらをワークショップのアニメマニアの男性たちとつないでくれました。連中がいたから、おんなじワークショップの仲間が一切保健室登校になってもワークショップで働くことができました。
また、ガンダム00は、まだ世の中が自分の近辺で完結していたこちらに、世界のことを練る動機をくれました。メイン人間公の刹那のゴッドとの関係や、身寄りを失いつつも戦っていたロックオン。連中の出で立ちは私の心に大きな感化を及ぼしました。そして、こちらははじめて真剣に、世の中安泰についてーーそして、その開始が、私の周りの人間たちと分かり見合うことを感じるようになりました。
そして、これが一番大きかったと思います。こちらはロックオンーーニールと出逢って、はじめて電撃的恋心を感じました。あれから八年経っていますが、こちらは、まだニールを過ぎる人間物を、リアルでも二階級でも出会えずにいる。もちろん、こういう年齢で何方ともおつきあいしたことはありません。それはトラブルだと世間の人間はいうかもしれませんが、こちらは違うと思います。それまで色恋を知らなかったこちらがはじめて恋心を抱けたのが彼氏なのですから、彼氏と出会えた結果、こちらは、誰かをおもう内面を知ったのです。
劇場バージョンが終わってから五年。今となってはガンダム00のウイークポイントにもいっぱい気付いていますが、しかし、あのアニメを過ぎ去る内面を抱けたアニメには出逢えていません。ガンダム00に出逢えたから、今のこちらが要る。こちらはそう思っています。ルルルンフェイスマスクをつけて癒やされたいと思います。

考えさせられる漫画だ。学説を激しく持つようにしてください

考えさせられるアニメは、この世界に数多数存在します。そのの場合で、僕がきつく考えさせられたアニメがあります。それは、手塚治虫インストラクターの悪徳ジャックだ。無資格医でありつつも、執刀のゲンコツは神秘のような牝捌きで患者を救って赴き、検査漫画の最良とも当てはまるアニメだ。そのの場合でも、強く考えさせられた話があります。それは、「灰色の館」という品物だ。その話のの場合で、悪徳ジャックは、いらっしゃる言葉を残している。傷は直すことはとれるが、歪んだ精神までは治せないとだ。その言葉に、僕は強く考えさせられました。直す地点に対しての天井や、本当にもらえることとできない地点に対しての良心というものが見いだしている話だ。また、品物だけのことではなく、実態においても通ずるものがあるように当てはまるヶ所があります。自分自身が、品物で感じたことが実態でどのように想うかが、よくあります。悪徳ジャックには、そういう品物が多くあり、何度読み返しても、新奇があります。その新奇があるからこそ、読みごたえもあり、飽きないと思います。高校のときにはじめて読み、学徒でまた、読み、世間人間になって掴むとその考え方も異なります。「灰色の館」をこれからも読み続けたいと思います。シワ対策にはドモホルンリンクルが一番だと思います。

絶対にする!結婚前の同棲についての必須さ

あなたは、結婚前の同席に承認ですか?それとも、裏ですか?ボクは、親の考え方もあったのですが、裏でした。結婚前に同棲を始めると、そのままだらだらと関係が続いてしまって、都合の良い相手になりは控えるかと不安でした。しかし、そういったボクは只、結婚前に半年寸法同棲をして、それから入籍に至りました。今日はその道のりを踏まえ、入籍前の同棲について考えてみたいと思います。
私の同棲の理由は、当時交際していた彼のことがとても好きになってしまったことと、彼のいる持ち家のTVが大きくて画質が良いので、そのTVでドラマが見たくて(笑)各週のように赴き始めました。最初はウィークに毎日、それが2日光3日光と延びるようになり、気がついたら常々一緒にいました。私としては同棲の気持ちはなく、親に会釈もしなかったのですが、多分同棲だったんだと思います。そのしている時は、ボクは彼のことをよく知ることができました。また、彼と過ごすことができるのかどうかを考える機会にもなりました。まだ入籍前述だから、いつでも終わりられると思うと心的も甘く、こういう人間と結婚するかどうかをよく図ることができました。
もし、入籍してしまっていたら、逆戻りができなくて、多分今の彼とはうまくいかなかったと思います。でも、まだ互い逆戻りが見込める環境で、互い意固地になることもなく、色々なリスクを悩みを打ち明けて、一家になるクラスを踏むことができたように思います。入籍前述なら逆戻り望める。そのスペースは現在思えばとても大切で、自分の人間ライブを形づくるためにとても大切なチャンスとなりました。
ボクは、入籍前の同棲はとても喜ばしいチャンスだ。耐える方がいたら、思い切って同棲を下さい。籍を入れなければまだ悩めます(笑)。ウェディングは大きな気分なので、ゆっくり悩んでくださいね。
スマートレッグが欲しい。

初恋の彼氏との物覚えは誰しも記憶に残るアイテム

「初恋」という言葉だけでそれなりにキュンとしてしまうよね。私も思い起こしただけでキュンキュンしてしまう初恋の旦那がいました。今の父親もyesはわかるのですが、まさか俺が旦那を思い出してキュンとやるなんて想像もしていないと思います。
その初恋はの間教え子のご時世でした。異性に夢見るお年間だ。旦那は際立つ好み作戦はなかったのですが、男前で主体な気違いが手広くいました。俺はというと、よく居残る女子連中の仲間で特に際立つ売り物も無く、その他多数としての間アカデミー生活を送っていました。
そんな俺が、そんな旦那に異性をしてしまったのだからどうしようもありませんでした。先方は山ほどいるし、例え異性が実っても何を話したらいいのかもわかりませんでした。しかし、等級替えの年、なんとその旦那とおんなじ等級になれたのです!感激しましたし、どうしようも無く重圧しました。今だから言えますが、まったく勉強なんて聞いてませんでした。旦那ばかり見ていました。心がいいのに勉強の間はほとんど寝ている旦那をまさに恋する視線で見つめていました。すると、怪しげな眼差しに見抜くのか旦那がこちらを振り向くのです。慌てて眼をそらします。あんなストーカーちっくなことを一年うち続けていました。近年思えば旦那からすると、かなりうっとうしかったと思います。
そしてこういう異性が実ったのかというと、そんな要因はなく高校生で旦那は進学校へ、俺はフツーの高校生へ進学し、これっきりだ。
でも、今でも旦那が振り向いた瞬間の面構えが忘れられません。きっと、実らなかった異性だからこそ素晴らしく思い出されるのでしょうね。http://www.kentuckyknappers.com/

サンダルのピークは本当に自分にとってイージー

夏場と言えばサンダルだ。もうサンダルじゃないと外部を歩けないくらいだ。そしてサンダルを履くとどうしても考えになるのが歩きの指ですよね。
指頭髪もきちんと治療ください。ボクは時々忘れてしまい、外の便所で抜いたり行なうが、ありえないくらい痛いです。ムダ毛の治療もそうですが、あとはペディキュアですよね。
サンダルの色調に合わせたものを塗って要る意図なのですが、時々素晴らしくサンダルと合わなかったりして、それはそれでやましい意思をしてしまいます。
近年年はジェルでやってみました。ジェルなら長持ちするし、塗ってる最している時に横の指についちゃうこともありません!ものすごくいいです。
あまり派手にせずに、なんにでも合わせられるように、単色に少しラインを入れただけのシンプルなものにしてみました。1ガイドだけシルバーのストーンをのせてみたのですが、これは負け戦でした。ベストフレンドに「歩きに仁丹ついてるよ」って、真顔で言われてしまいました。
近年年の夏は猛暑になるとテレビジョンで言っていたので、暑さに負けずシャレオツして乗り切っていこうと思います。シャレオツするとメンタルが上がりますからね、何もしないよりはした方が夏場を遊べるんじゃないかなって思います。

私が昔から好きで、影響のあった漫画。

私が今まででとても影響を受けた漫画があります。
その漫画は紡木たくさんが描いているホットロードという漫画で
ホットロードは映画化もされた作品で知ってる方も多いと思います。

当時14歳の私に母が勧めてくれた一冊で
作品に出てくる人物は、暴走族に憧れて不良の道を進んでいく和希とバイクに命をかける春山。
和希と春山は暴走族の集会で顔を合わせ、惹かれあっていくのですが
後に暴走族のリーダーとなる春山が、暴走族としての役割と和希との恋愛の間で葛藤するようになっていく内容です
当時の私も非行に走りつつあり共感できる部分が多く何度も読んでいました。

特に作品の中でもすごく身に染みた言葉があったのですが
鈴木という主人公の母の恋人にあたる人物が主人公の和希に言った言葉で
「和希ちゃんにとって、春山くんの命が大切なように、春山くんにとっては、和希ちゃんの命は大切なんだよ」
という言葉です。

当時の私は危ないことを危ないと分かっていながら止められず、それを楽しくも感じていました。
作品の中でも同じように危険と分かっていても止められない自分というシーンが描かれています
そのせいで事故を起こしたことがあり 幸い軽い怪我で済みましたが
母が泣きながら病院に来た時にこの言葉が浮かびました。
今は私も結婚して子供を授かりましたが久しぶりに読み返すと
親になってから読むとさらに深い一言で感動しました。
他にも感動や共感するシーンは沢山あり、若い人はもちろん、大人の人も読んでいただきたい作品です。
俺得修学旅行はお薦め作品です。